置き換えダイエット成功のコツ

私たちの身体と水分の関係

ダイエットに限らず、健康のために水分をたくさん摂ることがよく勧められています。1日2リットルは水を飲みましょう、などと言われますが、なぜ水を飲むことが重要視されるのでしょうか。

 

私たちの身体の中で水分が占める割合は、大人の場合ですと体重の約60%だと言われています。そして、食事や排泄などで1日に約2リットルもの水分が身体から出たり入ったりしています。私たちの身体には、水分は切り離せない存在なのです。

 

ダイエットになぜ水分が良いのか

ダイエット中というのは、食事制限をしたり運動をしたりすることで、普段よりも食事からの水分摂取量が減ったり、運動によって汗が出て水分が失われたり、全体的に水分が不足する傾向にあります。水分不足になると考えられるのは新陳代謝の低下や便秘です。

 

便秘解消効果

便秘は女性に多いですが、便秘になるとお腹がぽっこりしてしまいます。水分を多く摂ることで、腸が活発に動くようになったり、便がやわらかくなり便秘の解消にもつながります。

 

新陳代謝アップ効果

血液の約50%は水分でできています。血液は体中の老廃物を運び、古くなった血液は新鮮な血液と交換されます。水分が不足すると代謝が悪くなり血液がドロドロしてしまい、身体に溜まった毒素や老廃物が排出されなくなってしまいます。

 

老廃物が溜まってしまうと、むくみの原因にもなります。代謝を活発にすることは、むくみを解消したり痩せやすい身体にすることができます。

 

・食欲を抑える効果
単純なことですが、水分を摂るだけでも一時的に空腹感を抑えることができます。ダイエットクッキーなどを食べる場合にも、水分と一緒に食べることでより満腹感を得られやすくなります。食事の時にも水分を一緒に摂ると、食べすぎを防ぐことができます。

 

ダイエットに効果的な水とは

水分を摂ることが良いと言っても、どんな水でも良いとは限りません。冷たい水は身体を冷やしますので、常温かぬるま湯が良いでしょう。また、1日に2リットルが目安ですが、一気に大量に飲むのではなく、コップに半分程度の量をこまめに飲むようにしましょう。

 

水の質も大切です。水道水をそのまま飲むのではなく、浄水かミネラルウォーターがおすすめです。体質に合わないものもありますから、注意しましょう。