置き換えダイエット成功のコツ

置き換えダイエットとリバウンドの関係

ダイエットをすると、必ずと言っていいほどリバウンドの問題に直面します。

 

置き換えダイエットでは、通常の食事で摂取しているカロリーをダイエット食品に置き換えることで減らしていく方法ですから、置き換えることをやめて通常の食事に戻すと体重も元通り、という可能性がとても高いです。

 

しかし、目標体重まで落とすことができたなら、当然ダイエット食品ではなく、通常の食事に戻そうと考えるでしょう。この際の食事の戻し方がリバウンドの原因になることがあります。

 

ダイエット終了後の食事の摂り方

ダイエットが目標に達したら、今まで我慢していた食事やお菓子類などを思う存分食べたいと思うのは仕方がないことです。

 

しかし、せっかくの体重をキープするためには、急激に元の食生活に戻すことはリバウンドの原因になります。

 

もしも、1日2食を置き換えていたとするならば1日1食にしていき、夕食を置き換えていたなら、朝食を置き換えるようにしていくなど、徐々に元の食生活に戻していくような方法をとると身体も段々と摂取カロリーに順応していきますので、リバウンドしにくい状態になっていきます。

 

基礎代謝を高める方法

食事制限だけをして、食べる量を極端に減らすと栄養不足になってしまい、その結果筋力が落ちて、基礎代謝量も減ってしまいます。基礎代謝量が減ると消費カロリーも減り、消費されなかったカロリーが脂肪として蓄積してしまいます。

 

これを防ぐためには、栄養バランスのとれた食事が必要ですが、自分自身でも筋力をアップさせるため、軽い運動でも良いので体を動かすようにしましょう。

 

置き換えダイエット後のリバウンドは、消費されずに蓄えられてしまう脂肪も関係しますから、自分のできる範囲でストレッチなどを行い、基礎代謝量を上げることでリバウンドを防ぐようにしましょう。

 

短期間で急激に痩せすぎないように

身体に負担をかけるようなダイエット方法は、栄養不足やストレスなど、かえって痩せにくい環境を生んでしまいます。

1ヶ月で5キロや10キロなどは急激に痩せすぎですから、余裕を持って無理のないペースで減量していきましょう。