置き換えダイエット成功のコツ

短期間でダイエット効果を得られるドリンクタイプ

置き換えダイエット用の食品には、おかゆやパスタ、スープなどの食事系のものや、クッキーやゼリーのようなおやつ系のもの、シェイクや飲むタイプのヨーグルトのようなドリンク系のものなど、タイプがいくつかに分かれます。

 

味や食べやすさなど好みがあると思いますので、それによってもどれを選択するかは人それぞれです。しかし、あくまでもダイエット食品ですから、ダイエット効果を早く得られるものという意味ではドリンクタイプがおすすめです。

 

一般的なドリンクのカロリー

 

置き換えダイエット用のダイエットドリンクも、たくさんのメーカーから発売されています。これらの各ダイエットドリンクに共通して言えることは、摂取カロリーが低いことです。

 

食事系やおやつ系と比較しても、ダイエットドリンクは大体1食あたり150から180キロカロリーとなっていて、高いものでも200キロカロリーを超えるものはほとんどありません。

 

朝食、昼食、夕食と、どの食事を置き換えるかにもよりますが、ダイエットドリンクに置き換えるだけで、1日の総摂取カロリーを約300から600キロカロリーも抑えることができます。運動だけでは毎日これだけのカロリーを消費することは、とても難しいでしょう。

 

運動をする時間を確保するだけでも大変なことですから、1回の食事をダイエットドリンクにするだけというのは、時間がかからないという点からも魅力的です。1食あたりの摂取カロリーを大幅に減らすことができれば、短期間でのダイエットも実現可能というわけなのです。

 

ドリンクタイプの価格

ダイエット食品を選ぶ上で気になるのは、カロリーや味だけではないと思います。経済的な負担が大きいと購入に踏み切れなかったり、ダイエットを続けることが難しくなると思います。

 

しかし、食事1回分の金額を考えてみると、ダイエット食品はそう高いとは感じないのではないでしょうか。さらに、ダイエットドリンクと食事系のダイエット食品とを比較してみると、ドリンクタイプの方がリーズナブルなのです。ダイエットにかかる費用については、置き換えダイエットにかかるコストも参考にしてみて下さい。

 

摂取カロリーも低く価格も安いドリンクタイプは、置き換えダイエットを続けていくにはおすすめのダイエット食品と言えます。