置き換えダイエット成功のコツ

最も効果が出やすいタイミング

置き換えるタイミングによって結果が変わる

置き換えダイエットでは、1日3食のうち1食から2食をダイエット食品に置き換えますが、置き換えるタイミングによってもダイエット効果に差が出ます。

 

一般的に、1日のうちに最もカロリーを摂っているのが夕食です。夕食は、仕事や学校などで1日活動した後の食事ですから、どうしても食欲が出てたくさん食べたり、外食の機会もありカロリーを多く摂り過ぎになります。

 

また、就寝前の2〜3時間前には食事を済ませて置いた方が健康に良いとか、ダイエットにも効果的だということが言われています。あまりボリュームのある食事を摂ってしまうと、消化にも時間がかかりますから、ダイエットドリンクなどは消化もよくとても効果的と言えます。

 

このようなことから、夕食をダイエット食品に置き換えることが最も効果的でメリットが大きいのです。

 

次いで昼、朝というタイミングでダイエット効果は変わってきますが、普段どのような食事を摂っているかによっても違いますので、ご自身が置き換えしやすいタイミングを選ぶことが良いでしょう。置き換えダイエット実践の注意点も参考にしてみて下さい。

 

置き換える回数のおすすめは

置き換えダイエットの回数は、1食よりも2食の方が当然のことながら1日の総摂取カロリーを減らすことができます。

 

しかし、いくら腹持ちが良く作られているとはいえ、今まで普通の食事を3食食べていた人にとっては、いきなり2食をダイエット食品に切り替えることは肉体的にも精神的にも負担になる可能性があります。

 

まずは、負担の少ない朝食から置き換えを始めることで、今後続けていけるかどうかを判断するのが良いでしょう。

 

どうしても、短期間で結果を出したいのであれば、夕食を置き換え、慣れてきたらもう1食置き換えるなど、継続できる環境を作るようにしましょう。あまり無理をして、挫折してしまっては意味がありません。ここらへんについては、置き換えダイエットを長続きさせる工夫で詳しく解説しています。

 

朝食をしっかりと食べる習慣のある人にとっては、朝食を置き換えるだけでもカロリーが抑えられますので、ご自分の食生活を見直して置き換えダイエットプログラムを練ってみましょう。


置き換えダイエット食品の種類

ダイエット食品というと、味や見た目は二の次でカロリーが抑えられているだけのものだというイメージがあるかもしれません。しかし、最近では本当に種類も豊富でおいしく、見た目にも楽しく食べられるダイエット食品が増えました。

 

ダイエットで食事を我慢することはストレスになりますから、満腹感も得られて楽しみながらカロリーを抑えた食事ができるのは、とても大切なことです。

 

ドリンクタイプ

手軽に飲めて、味の種類も豊富なのがドリンクタイプです。場所を選ばずに飲むことができますし、置き換えダイエットが初めての人でも抵抗無く始められます。ダイエット食品の中でも価格もそんなに高くないので、経済面でも続けやすいようです。

 

ドリンクタイプと言っても満腹感はきちんと得られますし、必要な栄養はしっかりと含まれているので安心です。

 

ドリンクタイプにはさらにシェイクや酵素ドリンクなどがあり、種類も様々です。最近では、グリーンスムージーでダイエットを行うのも人気です。

置き換えダイエットにはドリンクタイプがおすすめ

 

デザート、お菓子タイプ

ダイエット中に甘いものを控えるという人は多いでしょう。デザートやお菓子タイプを食事として置き換えることで、お菓子を我慢しているというストレスから解放されるというメリットもあります。

 

ゼリーやクッキーなど、一見本当にお菓子のようですが、少量で満腹感を得られるようになっていたり、カロリーの高い食材はもちろん使用されていないので、安心して食べることができます。

 

おからや豆乳で出来たクッキーは、様々なメーカーから販売されていて、各社で味や噛み応えなど独自の工夫をこらしています。食事替わりにも、空腹時のおやつとしても持っておくと便利だと思います。

 

食品タイプ

このタイプは、ご飯や麺類など通常の食事と同じようなメニューとなっています。もちろん、ダイエット食品ですからカロリーは抑えられ、なおかつ普通の食事を摂るような感覚で食べられるので人気のようです。

 

雑炊やスープ、パスタなど味や種類も多く工夫されています。栄養面や腹持ちの良さなどもきちんと考えられていて、食事はきちんと摂りたいという人向けです。ドリンクタイプやお菓子系のタイプと比べると、コスト的には高めになるようです。

置き換えダイエットの向き不向き

置き換えダイエットは、1日3食のうち、1食から2食をダイエット食品に置き換えるだけですから、誰でも手軽で簡単にできるダイエット方法として人気です。最近では、ダイエット食品も豊富に出回っており、比較的チャレンジしやすいダイエット方法ですので多くの人が実践しているようです。

 

続けられる人

 

置き換えダイエット用の食品やドリンクは、色々な企業が味や品種を工夫して作っています。普段の食事としても食べることができるようなご飯類であったり麺類などもありますし、ドリンクやデザート感覚で食べられるものまで種類も豊富です。

 

まず、このようなダイエット食品が抵抗無く受入れらることが重要です。置き換えダイエットは、ダイエット食品に置き換えることによって、1日の摂取カロリーを減らすことが目的です。

 

ですから、なんと言っても置き換えた食事以外の、2食ないし1食の通常の食事でカロリーを摂取しすぎないことが大切です。

 

普段、3食とも比較的多めに食べる傾向にある人や、1食の摂取カロリーが多い人、つい間食をしてしまう人などは、ダイエット食品に置き換えることによって余分なカロリーを抑えることができますので、効果が出やすいと言えるでしょう。

 

過去に、食事制限や食べずに我慢するような無理なダイエットをして続かなかったという人でも、置き換えダイエットならば継続しやすい方法です。

 

続かない人

 

普段の食事をダイエット食品に置き換えるという方法ですので、自分の口に合うダイエット食品が見つからないと、続けることは難しいかも知れません。また、日常生活が不規則であったりすると食事を摂る時間も不規則になってしまいます。

 

朝だけダイエット食品に置き換えて、夜中にたっぷりとカロリーを摂取するような食生活ですと、置き換えダイエットの効果を得ることはできません。また、元々食事量も少なく痩せ型の人も効果は出にくいでしょう。自分が続けられるかどうか不安に思っている人は、よくある置き換えダイエットに対する不安も読んでみて下さい。